物語

サキの恋愛物語~ちょっと残念な男性~

投稿日:

こんにちは、サキです。

今日は私の出会ったちょっと残念な男性の話をします。
捉え方はそれぞれなので気分を害する方が居たらすみません。

スポンサーリンク

起業家の素敵な男性

その方とは私も個人でビジネスをしていたので
異業種交流会という名の婚活パーティーで出会いました。

IT系の会社を友人たちと作ったというとても話の面白い素敵な方でした。

人としても魅力的だし、男性としても素敵だったので
連絡先を交換してやり取りをしていました。

私はその頃仕事に休みを作っていなかったので
なかなかタイミングが合わず、お誘いは頂いていたのですが会えずにいました。

そんな時たまたま仕事がキャンセルになり
ランチの時間なら空いたので、土曜のランチに出かけることにしました。

ハワイアンレストランでごく普通のランチをおいしく食べ

話しは相変わらず面白いし、私のくだらない話もとても楽しそうに聞いてくれました。

その時はまだ恋愛としての好意までは行ってませんでしたが
この人を好きになれたら、楽しいしすごい刺激を貰えるし幸せだろうな。
と、今後も関係を深めていきたいなと思っていました。

一気に冷めてしまいました

しかし、一気に冷めてしまう事件が起こりました。

事件ってほどではないんですが

お会計問題です。
これ、多くの女性が悩むところだと思うのですが

私は奢ってほしいという気持ちは一切ないタイプです。
もちろん払ってもらえるならとても嬉しいですし、感謝します。

でも割り勘でもいいし、「じゃあ1000円貰おうかな」みたいに言われるのも
嫌いじゃないです。

かなり柔軟な気持ちを私は持っているはずだったんですが、、

その時のランチの二人の合計金額は4150円だったんです。

ランチだし出してくれるのかな?
と言う気持ちも確かにありました。
それか2000円渡せばいいかな?

と思っていたんですが

その彼の口から出た言葉は

「じゃーーー、、2050円貰おうかな」

ん?50円??

その50円いる?私50円持ってるかな???????

あと50円あればお釣りの関係で良い感じ。とかで
「50円持ってる?」とか聞かれるのは全然OKなんですが

伝票を長らく眺めて出した答えに私は何だか一気に冷めてしまいました。

そして微妙に「俺の方が多く出してるんだぞ」的なオーラが凄すぎて

帰り際に「今日はごちそうさまでした」って言ってしまった。。笑

その後もその方から連絡はありましたが、私、徐々にフェードアウトしてしまいました。

いろいろな人が居ます

お会計って難しいですよね、、

いろいろな価値観の方が居ると思うので、今回の私の話も私の考えに「え?」ってなる方も居るとは思うんです。

なのでそうゆう価値観が近い相手と言うのも恋愛結婚では大切ですよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物語


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サキの恋愛物語~婚活の型にハマりすぎて失敗した話し~

私は常に「我慢はしないでください」「我慢は幸せを遠ざけます」と皆さんに伝えてきてます。 自分らしさを消すことも我慢のうちに入ってしまいます。今の私は自分らしさを消さずに、自分の好きな物をそのままに自由 …

no image

サキの恋愛物語~私をメンヘラにさせた彼との今~

自己紹介を読んで頂いたことのある方はご存知の事と思いますが私はメンヘラになったことがあります。 自己紹介【理念】はこちら 私は彼の事が大好きでした。 彼はとても気まぐれで、既読スルー未読スルーは当たり …

no image

サキの恋愛物語~合コン三昧に疲れる~

こんにちはサキです。 今日は私が恋活、婚活を始めて合コン三昧だった日々の話をします。 スポンサーリンク Content1 さぁ恋活をしよう!!2 疲れちゃった3 いつかは当たる4 私の場合 さぁ恋活を …